プラセンタ療法

日本におけるプラセンタ療法

placental_m

現在行われているプラセンタによる治療法は昭和20年代に旧ソ連や中国を経て伝わった胎盤埋没療法を起源とします。日本に伝わった当時は麻酔をかけ、皮膚を切開し、胎盤を埋め込み縫合するという方法がとられていましたが、麻酔や切開なしで胎盤を体内に入れる方法として開発されたのがプラセンタ注射です。この方法は簡単で安全性も高く副作用もほとんどありません。
プラセンタ療法には、注射の他に内服(錠剤、カプセル、液体)、サプリメント(カプセル、ドリンク)として体内に入れる方法と外用があります。


内服

ブタの胎盤を原料とした医薬品またはサプリメントを毎日内服します。注射では痛みを伴いほんのわずかですが皮膚を傷つけますので、健康増進、アンチエイジング(抗老化)、美容といった目的の方には一番適しています。又、病院に通う必要もありません。
錠剤・カプセル・ドリンクとありますが好みで選べばよいでしょう。腸の吸収が弱い方にはドリンクが適しています。医薬品はどの製品でも信頼がおけますが、サプリメントはピンからキリまでありますので検討が必要です。

  • ビタエックス糖衣錠
  • ドルタック糖衣錠
  • プラセンタカプセルMD
  • グレファスGIO
  • ヴィエックス30サプリなどあります。

【効果】

  • 生物の発育促進・ 乳汁分泌亢進・ 造血臓器刺激
  • 細網内皮系の機能亢進・ 細菌感染に対する抵抗力増強
  • 減食に対する耐容力増強など

注射

以前はザウエルプラセンタ(北陸製薬、ドイツ製)やPLP(ゼリア新薬)という胃潰瘍に使う注射もありましたが現在はラエンネックとメルスモンのみです。

【効果】

  • 特発性脱疽(壊疽)・リウマチ・夜尿症・慢性肝炎・胃潰瘍
  • 更年期障害(女性)・凍傷・気管支喘息・肝硬変症・肝班
  • 胃下垂・精力減退(男性)・神経痛・蕁麻疹・習慣性便秘・五十肩

外用

ゲル状にしたものを湿布または直接肌に使用

【効果】

  • 捻挫・骨折
  • 肩こり・腰痛・膝痛
  • アトピー・痔

あさのクリニックのプラセンタ治療

プラセンタ注射と内服の治療を行っております。原則として自費診療ですので健康保険証は使えません。 ただし、肝機能障害、更年期障害、乳汁分泌不全で健康保険適応になることがありますので、該当する方は保険証をご持参ください。